ローラー方式での巻き方

ローラ方式での手巻きタバコの巻き方を解説します。

準備する物は以下の通り

  • タバコ葉(ジャグ)
  • ペーパー
  • フィルター
  • ローラー

当店で販売しているTOP OF FORTY FOUR 手巻きタバコお試しセットは、ローラー方式を楽しむために必要な物が全てセットとなっている大変お得なセットです。

実際の作業時には、タバコ葉が飛び散ることがあるため新聞紙などを敷いて作業すると良いでしょう。

固定されていないローラーを移動し写真のように窪みを作り、その中にフィルターをセットします。

フィルターを入れて空いたスペースにタバコ葉(ジャグ)を入れます。
あまり多く入れすぎると上手く巻けず、また少なすぎるとスカスカなタバコとなってしまうので0.5~0.7gを目安に入れると良いでしょう。

量を調整することで風味が変わりますので自分好みの分量を見つけるのも手巻きタバコの楽しみ方の一つです。

タバコ葉は出来るだけ均一になるように均してください。

固定されていない方のローラーを上に移動し閉じます。
この状態にしたら両手の指で押さえるようにしながら、ローラーを手前に2~3回転廻して、タバコ葉を均します。

巻紙を準備します。

巻紙の糊面を手前側(固定されていないローラーの方)に向け、巻紙をローラーに差し込みます。

再びローラーを手前に回転させ巻紙を巻き込ませます。

巻紙がちょっと余った状態でいったん巻き込みを止め、糊面に水を付けてぬらします。先に水を付けてしまうと作業中に乾いてしまうので、最後巻き込みの直前にぬらすの上手に巻くためのコツです。

完成!

最初は戸惑うかもしれませんが2~3回巻けば誰でも出来ますのでトライしてみてください。

また出来た煙草を実際に吸って、好みに応じてタバコ葉の量などを調整してお楽しみください。